So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「非常に早期の食道がん」=小澤征爾さんが医師と共に会見(時事通信)

 食道がんで半年間の活動休止を明らかにした指揮者の小澤征爾さんは7日、東京都内で主治医と共に記者会見した。がんは粘膜表面の浅い所にある小さな、非常に早期のもので、現在行っている検査の結果を待って治療方法を決めるという。
 小澤さんは「仲間やお客さんに迷惑を掛け、申し訳ないと思う。何とか半年以内に戻ってきたい」と話した。現在の状態については「自覚症状は全然ありません」。毎年受けている人間ドックがなければ分からなかったとして、「皆さんにも、ぜひお勧めします」と何度も繰り返していた。 

【関連ニュース】
血液検査でがん検出=遺伝子の状態変化解析
中外製薬の主力抗がん剤アバスチン、肺がんへの追加適応を承認取得
抗がん剤の脱毛防ぐ=年内にも臨床試験スタート
脳腫瘍のウイルス療法、臨床試験へ=厚労省の承認経て初

ビッグマウスのリアルライフ
けんじのブログ
クレジットカード現金化
アフィリエイト ホームページ
ショッピング枠現金化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。