So-net無料ブログ作成
検索選択

4年連続で全施設「充実段階A」−厚労省の救命救急センター評価(医療介護CBニュース)

 厚生労働省はこのほど、2008年度末までに運営を開始した全国214か所の救命救急センターを対象とした09年度の評価結果(充実段階)を公表した。08年度の診療体制や患者受け入れ実績などに関する報告結果を基に、充実度の高い方から「A-C」の3段階にランク付けした結果、すべての施設が充実段階「A」だった。全施設が「A」となったのは06年度以降、4年連続。

 救命救急センターの充実度の評価は、1999年度から同センター全体のレベルアップを図るために実施。「空床確保数」「救急専用電話の有無」などの項目ごとに点数が決められており、その合計点数で評価する。充実段階「A」は19点以上、「B」は12点以上18点以下で、11点以下は「C」としている。

 なお厚労省では、同センターのさらなる機能強化や質の向上への取り組みを促すため、09年度の実績に対して実施する10年度の評価から新たな評価方法を取り入れる予定だ。診療の体制面を中心に評価する従来の項目を見直し、消防機関や都道府県による評価項目なども導入する。


【関連記事】
国の救命センター評価項目を厳格化へ
【中医協】「入院時医学管理加算」名称変更へ、要件緩和は検討継続
【中医協】「救命救急入院料」の要件緩和を−基本小委初のヒアリング実施
患者受け入れ調整で「地域救急センター」設置へ―東京都
病院との連携と質の担保がカギに−救急相談センター

耳かき殺人、争点は責任能力 公判前整理手続き(産経新聞)
文化財防火デー 意識新たに、法隆寺で訓練(毎日新聞)
<自民党>政治資金問題で決定打を欠き「戦う野党」見えず(毎日新聞)
バレンタイン QRコード付きチョコあげます 大阪で(毎日新聞)
「おわびをさせてください」加藤被告、背筋を伸ばして謝罪(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。